ども、こんばんはっ! きまねこですっ。

 

キャラクリベンチではグラフィックの最適化が進んでみんなスコアが上がったと喜んでいますねっ。うちも低スペながらも500もスコアがアップしてて軽くなった! と大はしゃぎですよ。これなら最高設定もいけるんじゃね? と挑戦してみたのが今回の記事になっちゃいました。

 


なお、スペックは以下の通りです。

CPU:Intel(R) Core(TM)2 Quad CPU    Q9550  @ 2.83GHz (4 CPUs), ~2.8GHz

GPU:NVIDIA GeForce GT 240M

メモリ:12GB

 

それでは、低スペの本気(最高設定)と実際のシーン(標準設定(ノートPC))を比較しつつ何枚かお届けします。

 

実際のシーン低スペの本気
実際のシーンその1降り注がない矢

 

最初はここ。吟遊詩人が華麗に矢の雨を降らしているシーンです。低スペが本気出すと吟遊詩人が付いて来れずに暗転までに技の発動が間に合いません。

 

実際のシーン低スペの本気
実際のシーンその2かなり手前で慌てて曲がった主人公pt

 

次はこのシーン。どうもカメラの動きは経過時間に沿って動いていて、キャラクター達は決まった時間に起こすアクションだけが決められてる模様です。低スペが本気を出すとキャラクターが付いて来れないので、曲がるタイミング等が予定の位置より早くなったりするようですね。

 

実際のシーン低スペの本気
実際のシーンその3駆け抜けない主人公達

 

キャラクターが付いて来れない為、誰も居ない所へ声援を送っています。いや、もしかしたら低スペの本気にうちが付いていけてないのかもしれません。目にも留まらぬ速さで駆け抜けたか!?(ノ▽`;

 

実際のシーン低スペの本気
実際のシーンその4一人しかいない双蛇党

 

どうだっ、これぞ低スペの本気。実際のシーンよりキャラを大きく写してくれるこの配慮。さすがじゃないですかっ!

 

実際のシーン低スペの本気
実際のシーンその5誰もいない街道

 

ごちゃごちゃしたこのシーンもこの通りすっきり。美しい風景を楽しめますっ!

 

実際のシーン低スペの本気
実際のシーンその6合流する前に暗転してしまう

 

暗転前のシーンを写したものです。人が集まりすぎてごちゃごちゃしないように配慮してくれてるのが分かります。

 

実際のシーン低スペの本気
実際のシーンその7誰もいないザナラーンの街道

 

美しいザナラーンの風景もこの通り。邪魔な人達を消してくれていて風景を存分に楽しめます(*ノノ)

 

実際のシーン低スペの本気
実際のシーンその8ララフェル戦士謎の垂直ジャンプ

 

低スペの本気でしか見れないララフェルの垂直ジャンプ!

 

実際のシーン低スペの本気
実際のシーンその9タムタラに辿り着かない主人公pt

 

低スペの本気に付いて来れない主人公達がタムタラへ辿り着けなかったようです(ノ▽`;

 

実際のシーン低スペの本気
実際のシーンその10誰か足りない
実際のシーンその11誰か足りないパート2
   

低スペが本気を出せば凶悪なドラゴン達も4人で行けちゃうみたいですねっ!

 

実際のシーン低スペの本気
実際のシーンその12空中に浮く杖

 

リミットブレイクのメテオ詠唱もこの通り。杖を空中に浮かべる程の力が篭っていますっ!


 

なんてちょっとフザケテみましたが、こう並べると最高設定は美しいね。やっぱり(ノ▽`*

 
 

β3の最高設定の上が追加されてキャラクリベンチの最高設定になったわけだけど、最初は前のベンチマークより負荷高くなるんじゃないかと、かなり高性能なPCが必要になるんじゃないのかと思ってた訳なんですよ。

 

でも、蓋を開けてみると最適化のお陰で標準的なミドルクラスのPCがあれば最高設定で十分楽しめてしまうとなっちゃった。これはもうPCを買い換えるしかないっていう神のお告げかなぁなんてね。

買い換えたらどれだけ快適なプレイ環境が手に入るのかっ。今から考えずにはいれません。

 

なんてぐだぐだ続きそうなんで、この辺りで。
それでは、また次回!



ランキングに登録してます。順位が上がれば励みになりますので、もしよかったら応援お願いします。
ファイナルファンタジー14・攻略ブログ  にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.