友達のツイートを見ててふと思った。「クラスとジョブの関係性ってどうなっているんだろう?」と。お恥ずかしながら私は旧FFXIVにおいてジョブが実装される前に他のネットゲームに逃げてしまった。 当然のように詳しくは知らない。

 そこで今回はクラスとジョブの関係について調べてみた。β3やβ4や製品版から新生FFXIVを始めようと思っている方、私のように旧FFXIVを早期にリタイアしてしまった方はこの機会に一緒にクラスとジョブの関係性についておさらいしてはどうだろうか。  
・クラスとは。
  クラスとはキャラクターのベースになるになるものだ。選んだクラスによってキャラクターの基本的なステータスが決定されてしまう。簡単にいうと他の一般的なMMOのクラスやジョブと同じだと思ってもよい。

 他のMMOと違うのは選んだクラスはいつでも武器を変えることで変更できる(戦闘中とID内は除く)といった点だろうか。他のMMOであればキャラクター作成時に決めたクラスやジョブは上位職へ転職出来るといったパターンを除いてずっと固定であり、他のクラスやジョブをプレイしたい場合は新しくキャラクターを作らなければならなかった。

 だが新生FFXIVでのクラスはそれとは違う。いつでもクラスを変更できるので、他のクラスをプレイしたい場合にはキャラクターを作成する必要は無く、プレイしたいクラスへ転職すればいいのである。この転職システムをアーマリーシステムと呼んでいるようだ。「それじゃー、クラスを変更した場合キャラクターのレベルはどうなるの?」とお思いのことかと想像するが、クラスごとにレベルを持っている為、キャラクターは転職したクラスのレベルとステータスになるのだ。

 つまり幻術士レベル50から斧術士レベル1に転職すると、キャラクターのレベルは1になり、ステータスも斧術士レベル1としてのステータスになるのである。もちろんその後斧術士レベル1から幻術士レベル50へ転職すればキャラクターのレベルは50になり、ステータスも幻術士レベル50のものになる。

・クラスの利点
 クラスのレベルを上げて行くと、クラス特有のアクション「フェザーステップ」や「ファイア」等他MMOでいうところのスキルを習得する。このアクションは一部のアクションを除いてどのクラスであっても共通で使用できるので、ケアルやファイアを使用する剣術士といったキャラメイクが可能になり、ゲームプレイの効率を高めてくれるのである。

 ※だがそれゆえに最初から何でも出来てしまうというわかりにくさを生んでいるので、最初はバトルクラスであるファイターと呼ばれる各種武器での攻撃を得意とするクラス群の5クラス、ソーサラーと呼ばれる各種魔法の使用を得意とするクラス群の3クラスからしか選べず、レベル10になるまでクラスチェンジできないようだ。

 ※クラフターと呼ばれるさまざまなアイテムを製作することを得意とするクラス群の8クラスと、ギャザラーと呼ばれるさまざまなアイテム/製作素材を採集することを得意とするクラス群の3クラスは最初に選んだクラスがレベル10になれば選択できるようになる。


・ジョブとは。
 ジョブとは他のMMOで言う上級職に似ているものである。似ているというのもクラスの能力をPT向けに特化したものがジョブであるからである。といっても一言では分かり辛いのでクラスと違うところを挙げよう。

 ・ジョブは特定のクラスから対応するジョブにしかジョブチェンジできない。
  ジョブはクラスの能力を特化したものである為、ある程度のクラスレベルや「ナイトの証」などのソウルクリスタルと呼ばれるジョブチェンジ用アイテムが必要になる。ソウルクリスタルを手に入れる為には、特定のクラスのレベルが一定以上になると受けられる「ジョブクエスト」をクリアする必要があるのだ。

  ソウルクリスタルを入手後は特定のクラスに専用のソウルクリスタルを装備することでジョブチェンジを行うのである。ソウルクリスタルを装備から外せばジョブチェンジは解除され、元のクラスへと戻るのである。

 ・ジョブは独自のレベルを持たないが、ステータスはジョブのものになる。
  ジョブのレベルはベースとなるクラスのレベルや経験値をそのまま反映する為、幻術士レベル50が白魔道士にジョブチェンジすると白魔道士レベル50となるのである。またジョブの状態で稼いだ経験値はベースとなるクラスに入る為、剣術士レベル35でナイトへジョブチェンジし、ナイトのレベルが36になると剣術士もレベル36になる。

  またステータスはベースのクラスのものが使用されず、ジョブチェンジしたジョブのステータスが使用されるようになるが、気をつけて欲しいことがある。FFXIVではクラスごとにフィジカルボーナスというポイントをステータスに自由に割り振れるシステムがあるが、このフィジカルボーナスはベースのクラスのものが採用されるので注意してほしい。

  ※フィジカルボーナスは一回振った後に、何らかの方法で振り直しができるのかは不明だ。旧FFXIVでは特定のアイテムを使用することで最大7回まで振り直し出来たが、新生FFXIVで振り直しが出来るのかは今の所わからない。一回振ったら振り直し出来ないと思っておくのが安全かもしれない。

 ・ジョブ専用の装備とアクションがあるが、使用できるアクションが特定のクラスのものに制限される。
  ジョブチェンジすると元のクラスの装備と、ジョブチェンジしたジョブ専用の装備が装備できるようになる。またナイトの「かばう」といったジョブ専用のアクションも使用できるようになる。旧FFXIVにおいてはこのジョブ専用のアクションはレベルを上げて習得するのではなく、ジョブクエストをクリアしていくことで習得していたようだ。新生FFXIVにおいても大きな変更のアナウンスは無いので同じだろう。

  ただしクラスであれば使えていたアクションの大半が使えなくなってしまう。例えば黒魔道士にジョブチェンジした場合、元となった呪術士のアクションと格闘士と弓術士のアクション、それと黒魔道士専用アクションしか使用できなくなる。その為呪術士クラスであれば当然のように使っていただろう幻術士のアクション(「ケアル」といった回復魔法など)が使えなくなるのだ。

  クラスの方が便利でわざわざジョブになる必要無いんじゃない? と思われるかもしれないが、第6回-プロデューサーレター-LIVEでのQ&Aにはこうある。他のMMOの上位職と同じく、終盤になるにつれてジョブで行動する機会が増えるようだ。
Q: 新生XIVにおけるジョブとクラスの違いについて教えてください。
 
A: 旧FFXIVと比べて、パラメーター設計やバランス調整といった観点でいうと、ジョブはクラスよりかなり上位というイメージになっています。クラスは他クラスのスキルが付けられることから、ソロでクエストを行う時や、レベリングを行う時は、クラスでプレイする機会が多くなると思います。そして、クラスでのプレイスタイルを確立し、エンドコンテンツに挑戦し始めるころにはジョブが中心のプレイスタイルになってくるというように考えています。


・クラスとジョブの関係性。
 クラスとジョブの関係性は以下の表のようになっている。
ジョブ ベースクラス アクションが使用可能なクラス ジョブの役割 ジョブ習得条件
ナイト 剣術士 剣術士、斧術士および幻術士 タンカー 剣術士Lv30以上、幻術士Lv15以上
モンク 格闘士 格闘士、槍術士および斧術士 アタッカー 格闘士Lv30以上、槍術士Lv15以上
戦士 斧術士 斧術士、剣術士および格闘士 タンカー 斧術士Lv30以上、剣術士Lv15以上
竜騎士 槍術士 槍術士、斧術士および弓術士 アタッカー 槍術士Lv30以上、斧術士Lv15以上
吟遊詩人 弓術士 弓術士、格闘士および槍術士 バッファー 弓術士Lv30以上、格闘士Lv15以上
白魔道士 幻術士 幻術士、巴術士および呪術士 ヒーラー 幻術士Lv30以上、巴術士Lv15以上
黒魔道士 呪術士 呪術士、弓術士および巴術士 アタッカー 呪術士Lv30以上、弓術士Lv15以上
召喚士 巴術士 巴術士、呪術士および弓術士 アタッカー 巴術士Lv30以上、呪術士Lv15以上
学者 巴術士 巴術士、幻術士および呪術士 ヒーラー 巴術士Lv30以上、幻術士Lv15以上
 ※タンカー・・・PTの盾となってモンスターの攻撃を一身に集める役割。
 ※アタッカー・・・PTの矛となってモンスターを倒す役割。
 ※バッファー・・・PTの仲間を強化したり敵を弱体化させるサポート的な役割。
 ※ヒーラー・・・PTの傷ついた仲間の回復を担う役割。「thanks my knight :)」を一番使いやすい。
 ※ジョブ習得条件を満たすと該当ジョブのジョブクエストを受けられるようになり、ジョブクエストをクリアするとジョブチェンジが可能になる。

 以上で基本的な部分は大丈夫だろう。

 クラス変更の詳細な手順や、ジョブチェンジの詳細な手順、また各ステータス等は明らかになり次第、記事を書き上げていくことにする。また旧FFXIVからデータを移行する関係上、この条件は変わらないだろうが、クラスやジョブそのものの作り直しは徹底的に行われているらしいので、もしかするとアクションが使用可能なクラスは変更があるかもしれない。変更があった場合には随時お伝えしていく。



ランキングに登録してます。もしよかったら応援してください。
ファイナルファンタジー14・攻略ブログ 
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2013 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.